「神霊界の実相」

神霊界の実相を、初代会長笹本宗園の著書「霊障からの救い」の第四章 神霊とのむすび 神霊界の実相より引用して、皆さまに正式にお伝えさせていただきます。

「神霊界の実相

神霊界が存在するという事実については、古今東西の聖賢、霊能力者によって多角的に説かれております。これは宗教の世界では勿論のことながら、最近では心霊科学の分野でも広く神霊世界のことが認識され、理解されております。そこで神霊界の実相についてその一部を紹介してみましょう。

日本の古神道では、神霊世界の最高を七次限界としこの最高の神界を隠身界(かくりみ)とよび、宇宙の大元霊自体の神としています。、次の六時限界を仮凝身(かごりみ)とよび、宇宙創造の神業をなされた神界としています。次の五次限界を燿身界(かがりみ)とよび、宇宙統治の神界と教えています。さらに、次の四時限界を駛身界(かけりみ)とよび、第三時限の生成化育を司る自在神の神界と教えています。次の三次限界を限身界(かぎりみ)とよび、この世界の代表が人間であるとしています。神霊界は、奥深いものだと思います。

また、日本における神道霊学における中興の祖と仰がれる本田親徳師と、その後継者、長沢雄楯翁の説によれば、神霊界は百八十一の段階に分かれているといわれます。しかも、神霊世界には、正神界(善神界)と邪神界(妖美界)があり、正しい精神であれば正神に感合するし、邪心を持つと邪神に感応すると説かれています。高い霊覚者の教えでありますから大変貴重な内容です。

仏教では、霊界を極楽(天国)、中有界、地獄と三区分しています。現界は中有界に当たります。さらにこの三界を上・中・下と三つに分け、それぞれ極楽の上、中、下、中有界の上、中、下、地獄の上、中、下と、九段階に分けているのです。

心霊科学の重鎮、浅野和三郎氏の翻訳になる「死後の世界」(J・S・Mワアド氏著)や、同氏訳の「永遠の大道」(ジエラルテイン・カムミンス氏著)などによると、宇宙間には七つの世界があり、七つの世界にはさらに中間の世界があって、霊魂の浄化に伴い低い世界から高い世界へ上っていく仕組みになっていると教えられています。

心霊科学会では、これらの世界を最も簡単な区分としては、高い方から、神界、霊界、,幽界と三つに区分けしています。簡略であるために判りやすいので、一般的な認識上では却って好都合な分け方であります。

区分けの仕方は色々あるにせよ、神霊界、心霊世界があることは厳然とした事実であり、また、この世界は高級神霊が創造されて運営管理なされていることも確かなことであります。

私ども人間の目は、一般的には幽界すら見ることができません。しかし、霊覚の高い先人達が教えてくれた、隠れた世界の構造と働きに対して謙虚にならなければならないと思います。そして、神界、霊界、幽界を統治される神々と、その理に従うことが大切なことであります。」

2013年5月15日 水曜日
その他のブログ記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。