山梨県・祈願お祓いと浄霊による原田氏病の著しい好転(実例66)

山梨県のSさん御夫婦が正神崇敬会へ初めて来訪されたのは、昭和63年6月7日のことでした。
当時御主人は鮮魚商を営んでいましたが、建設関係の仕事に転職されました。ある会社の部門責任者として努力されており、業績は順調で会社は年々伸びています。
ご主人と奥さんは二人とも、真剣に神様を求める心のきれいな人たちです。最初の相談事は奥さんの原田氏病(全身性の免疫疾患の眼病で、失明の可能性が大きく治る見込みの少ない難病)が三回の祈願お祓いと浄霊にて著しく好転されたのでした。相談に来られる皆さんによき結果をいただけた時が、神仕えをしていて何よりも嬉しいことです。
Sさん御夫婦は昨年、奥さんの実家に近い山梨県の見晴らしのよい高台に家を購入され、仲良く幸せに暮しておられます。
比較的遠方に引越されましたが、何か大切なことがあると神様に必ず相談にこられるご主人の歌は、プロ顔負けのたいへんな腕前です。今日に至るまで奥さんの原田氏病の経過はずっと良好であります。

神通霊能者 笹本宗道 著「神仰のパワー」より引用

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。