山梨県・祈願お祓いと浄霊の御守護を賜り、離婚の危機を回避(実例83)

山梨のH・Kさんは、11月9日に下記の相談事で正神崇敬会へお越しになりました。
「妹のSとその夫のNとの夫婦仲がこじれて妹は実家へ帰ってしまい、前々からのこともありますので、9割方はだめだと思います。また、義弟Nに仕事を手伝ってもらう約束で、すでに5トン車を購入する契約を済ませており、このことについても困っております。どうしたものでしょうか」とのことでした。
私は、もう少し詳しく事情をお聞きしてみることにしました。Nさんはお酒を飲んであばれたらしいのですが、どうも話をお聞きしてみるとNさんの方は醒めていてそれ程ではなく、逆に妻のSさんの方が騒いでいたとの由。
おおよその事情は分かりましたので、さっそく神界にお伺いしてみると、M家家系上を妨げている因縁霊の仕業と御神示を賜りました。私は祈願お祓いと浄霊に取りかかり、それは約15分程で終わりました。
「縁があって結ばれたのだから、決して別れてはいけません。邪魔がとれてSさんの気持ちはきっと変わるはずですから、様子を見た上で姉としての意見を述べるとよいでしょう」と、H・Kさんにアドバイスしました。
翌日、「妹夫婦が無事元の鞘に納まりました。ありがとうございました」とお礼の電話が、H・Kさんより入りました。
正神の守護はいとも鮮やかでありましたが、お姉さんのH・Kさんが妹夫婦を思う真剣な心が媒体となって、より強く正神の理をいただけたことも、確かな事実でございました。
神通霊能者 笹本宗道 著「神仰のパワー」より引用

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。