神法の授与(実例135)

これまでに私は4人の男性にあるレベルまでの神法をお教えしております。4人の中で一番素質がある人は、元M教の幹部のSさんです。その次がある神道教団の幹部を経験されたことのあるNさんでした。
Sさんの生業は歯科医師ですから物理療法による治療がご専門です。ある日M教を信仰している知人がSさんの元を訪れました。その人は体中から膿が出て苦しんでいたそうです。見かねたSさんはM教流の手かざしによる浄霊法ではなく、神通霊能者の私儀笹本宗道が教えた高級神霊のパワーをいただける強力な神法でその友人をお祓いしてあげました。お祓いを受けた友人はみるみる元気になり翌日には大きく回復されて、たいそうSさんに感謝されたとのことです。Sさんにとっても嬉しく誇らしい御礼の電話が当会の社務所にかかってきて、私はこのことを知った次第でした。
人間は強弱の違いこそあれ、誰でもある種の生体エネルギーを手のひらから発しています。先天的にこの力が強い人は治療家に向いています。また、私が教えれば誰でもある程度の浄霊パワーを発揮することが可能です。希望される方には自己祓いの方法はすぐにお教え致します。
しかし、他人へのお祓い浄霊の方法は安直に教えることは致しません。なぜなら御霊磨きが進んで澄んだ心境の人でないと、使いこなすことが不可能だからです。力量以上のことをすれば、他人から受けて必ず魔に潰されることになってしまいますから、もしくは中途半端な低レベルの状態で神法を悪用して世の中に害悪を撒き散らし、私利私欲の道を走らないとも限らないからです。
その後Sさんは朝9時半に患者を歯科治療している最中、突然右肩が痛み出し首が回らず職務に支障をきたしてしまうという状態に陥ったことがありました。私に遠隔のお祓い浄霊を依頼されたSさんは正神界の神々より強力なお祓い浄化パワーをいただき、肩口から有意のマイナスエネルギー(邪霊)が抜けてゆくのがはっきりと分かったとのことです。Sさんはもちろんその日のうちによくなられました。

神通霊能者 笹本宗道 著「幸福の源泉」より引用

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。