③『霊の迷いは心の迷い。人間頭では分かっていても、心のきりかえ(想念転換・意識改革・精神の向上)が思うに任せないのは、霊障の他にも原因があります。それは、たとえ正しい方に心をきりかえるためだとしても、思いグセの修正には煩わしい苦痛が伴うからなのです。それをのり超えるためには……』

個人が先天的に持っている性格にプラスして、幼少期の家庭の中での言葉(言霊)と経験が意識にすり込まれ、意識の中で習慣化・固定化して無意識の層へと送り込まれて、個人の人格のベースが形成されます。
外的要因である環境の影響も受けて、個人の人格形成が更になされます。

良きにつけ、悪しきにつけて個人の人格として形成されてしまっている心(想念・意識・精神)を変革するためには、「このままではいけない!自分は変わるんだ!」という当人自身の自覚がまず必要になります。
自覚が、覚悟にまで高まったならば、よきスタートが切れます。

心の迷いを解きながら霊的に成長していくための基本は、『神へのお詫びと神への感謝』の行に在るのです。

昭和51年(1976年)創立の正神崇敬会の教えである『神へのお詫びと神への感謝』の行は、円満な心作りの糧となり、霊性の開発と、霊力の開発と、正神界守護の霊能力の開発にも関わる基本となる修法(宇宙の真理)でございます。

心の迷いを解いて、霊的に成長していくためには、清濁相まみえる不完全な人間社会の中で、人に優しく調和融和を計りながら、自分には厳しく巧みに善念を貫いていく勇気と、粘り強い忍耐力の育成が必要です。
向上したいという志を立てて、それを貫く意志の力を鍛えることが必要です。
物事の思いようと、受け取りようを肯定的にされることです。
素直になることです。

『神へのお詫びと神への感謝』の行を地道に重ねながら、思いグセを宇宙の普遍の真理に照らして修正されるのです。
良心に基づく善念を、自分自身に言い聞かせ、言葉と態度と形に現わして、着実に実行し続けるのです。
自分なりにベストを尽くして、そこから先は神様へお任せする日々を重ねられるのです。
そうして人生を歩んで参られますと、明るく、すがすがしく、とらわれのない、喜びの境地が必ずや開けることでございましょう。

追記 心を込めて真剣に集中してお唱えする正神界の神々へのお詫び行は、自霊のお祓いである自己祓いと、自己浄霊と、自己除霊の一定の効果がございます。また自霊の業と因縁浄化(前世因縁浄化・家系因縁浄化・色情因縁浄化・我執の因縁浄化・無理な蓄財の因縁浄化など)の一定の効果もございます。

平成26年8月19日公開

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。