神仰のパワー・ダイジェストメドレー ② (実例90)

②一経営者の苦悩

一代で事業を築き上げた神奈川県のKさんのお父さんはよく言えばエネルギッシュでバイタリティーに溢れ、悪く言うと自我の強い超ワンマン型の人でした。敵を大勢作り、家庭内でも穏やかな対話がなかなかできず、不満事があると特にお母さんに辛く当たるとのことでした。
Kさんは家業に従事しておられ、数店舗ある中の埼玉店を任されています。思慮深く心を込めて丁寧に仕事に励まれているKさんが有益な意見を述べたとしても、聞く耳を持たないお父さんが独断先行して失敗してしまうことがしばしばありました。分かっていながらみすみす失敗した尻拭いが重なりますと、前向きなKさんの心に暗い影が差してしまい、心穏やかという訳には参りませんでした。
Kさんはお母さんのメッセンジャーを兼ねて毎月一回のペースでお父さんをはじめ、家族一同と事業の導きをうけるために正神崇敬会へ祈願お祓いと浄霊に来られました。半年を過ぎた頃より浄霊と因縁浄化の効果が現われ、自然のうちにお父さんは優しくなられ、物分かりがよくなりました。
家族のコミニケーションが円滑になるにつれ、Kさんは仕事がやりやすくなり、売上げも向上するようになったとのことです。神様にパワーをいただきながら生業と心作りに励まれているKさんは、精神的強さと余裕を持たれるまでに成長されました。2月には「おかげさまで心の安らぎを感じるようになりました。ありがとうございます」と、Kさんから御礼の言葉をいただきました。

神通霊能者 笹本宗道 著「幸福の源泉」より引用

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。