宇宙神道 正神崇敬会 お祓いの解説

お祓いとは?

◇お祓いとは

お祓いは天津罪・国津罪をはじめ不詳の罪穢れを心身から取り除き、災厄を消除するための神道を起源とする宗教的霊的行事です。
お祓いには清める浄化の働きと、除(よ)ける解除の働きとがあります。
霊的なお祓いでも浄化の働きの浄霊と、解除する働きの除霊とに分かれます。

◇古典によるお祓いの原義

祓(はらえ、はらい)の原義は二つあります。

一つ目は、祖神イザナギノミコトが黄泉(よみ)の国に暮らす妻のイザナミノミコトに会いに行き、醜い姿に変わり果てたイザナミノミコトから身に受けた汚穢を筑紫の日向の橘の小戸の檍原で祓い清められた禊(みそぎ)のお祓いにあります。
そこから天照大御神を始め三貴子(みうずのみこ)が誕生されたのです。
このことから祓いを修することの目的とは、天照大御神の境地になるべきことを示しています。
明るく浄らかで正直な素直な境地こそが、天照大御神の子である人間の祓い清められた先の本来の姿であるということを、神道では私たちが感得して生かせるように導いてくれているのです。

二つ目は、スサノウノミコトが高天原で天照大御神の御心に反して乱暴な行為を行う罪を犯したために、天照大御神が天岩戸にお隠れになられる岩戸閉めとなって、世界が暗に包まれる困った事態となったときに、罪を犯したスサノウノミコトは千位置戸を負わされ、鬚と爪を切られるという贖(あがな)いをして、追放される祓いを受けたことにあります。
神格の高い神様である創造神界のイザナギノミコトが穢れを受けたり、高天原統治の三貴子の一柱におわすスサノウノミコトが天津罪を犯して祓いが必要だったという古典に記された神話から、宇宙が変化進化しながら運行を続ける上で、穢れが派生したり、過誤が起こり得るのであり、だからこそ祓いが必要なのだという真理を感得することができます。

お祓いは、人間が地球上に誕生する遙か昔の神々の世界で仕組まれた、高度な神業なのです。
お祓いは神々が成せる有難い生きた現実のお働きそのものであり、迷信ではありません。
神の子であると同時に神よりも不完全な存在である私たち人間は、この世で身に受ける穢れや時として自らが誤ちを犯す罪のお祓いを親神様から受けて心身の清浄を計ることが、健やかに生きる秘訣であることをご理解いただけるでしょうか。

◇正神崇敬会の活動におけるお祓いの対象

1.形ある物のお祓い
例えば土地、家、会社、工場、事務所、店舗、部屋、車、井戸、装飾品、中古品、形見分けの品など、その他にも人が生きていく上で神様からお祓いをいただくべき物はたくさんあります。一般のお祓いの物とは異なる特殊な形ある物のお祓いとしては、神札、祠、位牌、墓石、仏像などのお祓いがあります。

神様にお願いして形あるものに付いてくる諸々の穢れや邪気、災厄、執着の念、邪霊、ときには未成仏の先祖の御霊も含めてお祓い浄化と浄霊除霊を受けることにより、心身の安定とよりよい運命の守護をいただけます。

2.体のお祓い
①全般的なお祓い
人間の肉体に憑いた諸々の罪穢れや邪気、災厄、生き霊、邪霊、業、因縁のお祓い浄化、浄霊除霊をいただくことによって、健全な身体とよりよい運命の加護がいただけます。

②肉体そのもののお祓い
神様から病気やケガやストレスや霊障でダメージを受けて弱っている肉体器官そのものの浄化をいただきつつ、人間が神様から授っている自然治癒力の強化を計って、病気平癒へとお導きいただけます。

たとえば、浄化の主体を成す竜神界の神々のお祓いを介して血液とリンパの流れを良くしていただいたり、肝臓や腎臓の働きを活発化させていただくことによって、体内の毒素や老廃物をよりよく解毒廃泄できるようになります。

またたとえば、竜神界の神々に免疫力強化の御守護を賜ることによって人間の治癒力を増進可能であり、現代医療とは別角度から人間の治癒力を補完して、様々な病気が平癒へとお導きいただけるのです。

③ストレスのお祓い
脳をはじめ全身のストレスをお祓いいただくことにより心身がリフレッシュいただけます。正神崇敬会へ参られるご相談者とご依頼者の実に99パーセントの方々が、お見えになられた時よりもお帰りの時の方が、「スッキリしました。楽になりました。ありがとうございます」と笑顔でお礼の言葉をお述べになられています。

3.幽体のお祓い
人間は形態的にとらえてみますと外側から順番に肉体、幽体、霊体、神体(分御霊)で構成されています。
肉体より一段奥の幽体は、自分自身の前世(過去世)からの因縁霊と、先祖の未成仏霊や家系因縁霊と、今世の憑依霊(のうちで長期間憑依しつづけた霊)が強くかかわってくる領域です。

同時に、自分自身の前世(過去世)からの業・因縁と、先祖からの業・因縁と、自分自身が今世犯した罪穢れのうちで未浄化のまま積もっている業・因縁とが強くかかわる領域です。

また、幽体は人間の潜在意識から深層意識にかかわる領域でもあります。

私たち人間の一人一人が心身共に健全に暮らしていくためには、体のお祓いのみならず、内面の幽体の浄化とそれに伴うよりよい意識の改善(悟っていくこと、想念転換)もたいへん重要なのです。

4.霊そのもののお祓い
霊障のご相談者の様々な憑依霊(動物霊、雑霊、生き霊、死霊、未成仏先祖霊、邪神、魔神)のお祓い浄化(浄霊・除霊)と供養を神様からいただいて、霊障の解消をお計りいただきます。

霊的お祓いの主体となるのは浄霊です。

浄霊とは、成仏できないでいる霊の痛みや苦しみや迷いや執着の念を神様に浄化いただいて、それぞれの霊の行くべき世界(霊界、精霊界、神仙界、神界)へとお引き上げいただくことです。
霊の痛みや苦しみや迷いや執着の念を浄化解消して助ける「救霊」であるところの浄霊こそが、霊のお祓いの本すじです。

未成仏の先祖霊をはじめ、人霊を成仏できるように行う説得法は、正神界の神々から浄霊をいただきながら行うと効果的です。

辛い状態にいる霊に対して、お説教するだけで浄霊なき供養法では霊が気の毒です。
除霊は、痛みや苦しみや迷いや執着の念にとらわれている霊を追い払う行為ですから、霊が戻ってきてしまうことがよくあります。

追い払われた霊が、痛みや苦しみや迷いや執着の念にとらわれたまま、追い払われた先でまた霊障を起こしてしまい、根本解決には至りません。
霊のお祓いで除霊は、浄霊を補足して必要なときに行う副次的な霊術にとどまります。

5.心のお祓い
高徳の神様から高次意識のお導きと、高次のお祓いパワーによってマイナス想念意識の煩悩を浄化賜ります。(煩悩には傲慢、欺瞞、わがまま、過ぎた甘え心、愚痴、怒り、妬み、僻(ひが)み、恨み、憎しみ、嫉妬、嫌悪、迷い、不安、心配、苦悩、焦り、恐れ、嘆き、悲観、卑下、排他、疑念、邪推、不信、悪口、強欲、不平、不満、後悔、自暴、自棄、屈辱、無責任な心、逃避、無理(過ぎたるは及ばざるがごとし)などの想念意識と、本能の食欲、睡眠欲、性欲、金銭物資欲、権力欲、名誉欲、及び闘争本能などが上げられます。これらを鎮め、心のバランス調整の加護がいただけます)

そうして人間本来の良心である誠の発現が成されるのです。
(良心には、明るい心、清らかな心、正直な心、素直な心、希望、思いやり、真心、優しさ、親しみ、誠実さ、責任感、使命感、洞察力、探究心、奉仕の心、謙虚さ、暖かい心、快闊さ、ユーモア、大らかな心、寛容な心、助ける心、励ます心、喜ぶ心、楽しむ心、許す心、正義心、包容力、尊敬する心、自尊心、忠実な心、自制心、忍耐力、向上心、克己心、こだわりとらわれのない心、礼節、協調の心、調和の心、勇気、胆力、徳を積む心、愛、愛に基づく厳しさ、慈悲の心、感謝の心、反省心、理性の心、判断力、褒めること、けじめ、情熱、感動する心、信念、直霊から滲みでてくる誠心、積極性などが上げられます)

6.厄のお祓いと心願成就のお祓い
運命にかかる災厄を神様に祓っていただき、また積極的に運命の誘導力強化を賜るためのお祓いです。
祈願お祓いの対象は、
厄祓い・方位のお祓い・方災のお祓い・受験合格・就職成就・転職成就・恋愛順調・結婚成就・身体健全・商売繁昌・豊作・大漁・交通安全・航空安全・航海安全・開運・金運強化・安産・健やかな成長・家運隆盛等です。


平成28年の厄年表(本来は数え年で見ます)

男性 女性
中厄  平成4年生  満24才の方 中厄  平成10年生  満18才の方
前厄  昭和51年生  満40才の方 前厄  昭和60年生  満31才の方
大厄  昭和50年生  満41才の方 大厄  昭和59年生  満32才の方
後厄  昭和49年生  満42才の方 後厄  昭和58年生  満33才の方
中厄  昭和31年生  満60才の方 中厄  昭和55年生  満36才の方

厄年は人の体の働きが変化するきりかえ時であると同時に、社会的な面でも責任が増す時期でもあり、目に見えない様々な力がふりかかって参りますから、神様に厄祓いをいただくことが、お願いされる皆様の心身の安定と運命の守りにつながろうかと存じます。

※年回りの本来の見方は大晦日ではなく節分までを前年として見ます。節分の翌日から新年となりますので、同級生であっても早生まれの方と遅生まれの方とでは、1年のずれが生じます。
たとえば、本年の数え年25才男性の中厄は平成3年2月4日生まれ~平成4年2月3日生まれの方が該当します。
同様にたとえば、数え年19才女性の中厄は平成9年2月4日生まれ~平成10年2月3日生まれの方が該当します。

※厄には、禍福はあざなえる縄のごとしという格言がありますように、それをのり越えれば人間的社会的な成長と向上が控えているプラスの反面もございます。



平成28年 方位除け表
        

二黒土星
(八方塞がり)

 
五黄土星
(表鬼門)
七赤金星
(冬ごもり)
八白土星
(裏鬼門)
中央 東北 南西
平成28年生 平成25年生 平成23年生 平成22年生
平成19年生 平成16年生 平成14年生 平成13年生
平成10年生 平成 7年生 平成 5年生 平成 4年生
平成元年生 昭和61年生 昭和59年生 昭和58年生
昭和55年生 昭和52年生 昭和50年生 昭和49年生
昭和46年生 昭和43年生 昭和41年生 昭和40年生
昭和37年生 昭和34年生 昭和32年生 昭和31年生
昭和28年生 昭和25年生 昭和23年生 昭和22年生
昭和19年生 昭和16年生 昭和14年生 昭和13年生
昭和10年生 昭和 7年生 昭和 5年生 昭和 4年生
大正15年生 大正12年生 大正10年生 大正 9年生
大正 6年生 大正 3年生 明治45年生 明治44年生


7.大祓式
6月30日と12月31日(大晦日)との年2回行われる至誠の大祭です。
広い意味では宇宙創造の国常立大御神より天つ罪と国つ罪のご浄化を賜ります。

また、大祓いに願い出られし願い出者ご自身の罪穢れ、憑依霊、業因縁、心と体の大なるご浄化をいただけます。(通常の個人取次ぎの10倍の効力がございます)

正神崇敬会では年間11回あるお祭りのうちの、大祓式を最も重要な祭事として崇敬者の皆様のお導きに努めさせていただいております。

◇お祓いの方法

1.祈禱、祈願によるお祓い
神社の神職や寺院の僧侶や宗教団体の導師や霊能者に依頼して、祝詞(のりと)、お経、呪文、様々な祈りによって神仏からお祓い、浄化、浄霊、除霊いただく方法です。

2.祓い具によるお祓い
神職や僧侶や導師や霊能者が幣(ぬさ)や様々な祓い具によって行うお祓いの方法です。
3.お札による祓い浄め
神社や寺院や宗教団体から受けてきたお札を自宅や会社などに祀って、不詳の罪穢れや災厄や悪霊を消除いただくお祓いの方法です。

4.結界を張って不浄な穢れや低級霊の浸入を阻止するお祓いの方法です。
5.家人が他界したときに喪が開けるまでの間、家の神棚に白い紙を張って喪に服すると同時に死穢れを忌避するお祓いの方法です。
6.呪符や霊符による特殊なお祓いの方法(禁厭法・きんえんほう)です。
禁厭法はまじないのことです。祈禱法の一種で簡単化されたものと思われます。妙力を持っています。

7.自己祓い
わが身の罪穢れ、災厄、憑依霊、業、因縁の浄化を自ら神に祈願して浄化いただくお祓い方法です。神仏を信じて正しい心で真剣に行うことが最善の自己祓いとなります。

自己祓いには簡単な方法から順に、清め塩を身に振り掛けることや、禊行(みそぎぎょう)にも通じる入浴や、愉快に過ごす気分転換をはじめ、良書を読んで高次意識に目覚めて良心を育てることや、神(祝)詞(のりと)拝唱によって意識改革を行いつつ積極的に霊的浄化を行う方法や、更に浄霊除霊に焦点を合わせたお祓い方法などがございます。

また、御霊磨(みたまみが)きは身魂磨きとも表現いたしますが、神に信を置き、自分自身に責任を持って心身の練磨を自然体で行いながら、霊的向上を計りゆく素晴らしい方法です。

8.普通の生活をしていて、できるだけ心正しく生活する中で、守護神(守護霊)の力もいただきながら、神様に自然浄化をいただく形のお祓い方法。
9.人里離れた山や清らかな海へ行って、大自然に働かれている神霊から自然浄化をいただくお祓いの方法。
10.正神崇敬会では、ご相談者が元気になられますように、元気の元の生命エネルギーを神様に充電していただく、プラスのお祓いの神気充電をも行っております。
〔参考文献 「神道辞典」 編集兼監修者 安津素彦・梅田義彦、発行者 堀克己 発行所 株式会社堀書店, 「祓―Wikipedia」, 「霊障からの救い」 著者 笹本宗園、発行所 宗教法人正神崇敬会、発行元 (株)エイト社・ISBN4-87164-303-4 C0014,「神仰のパワー」 著者 笹本宗道、発行者 瓜谷侑広 発行所 株式会社たま出版・ISBN4-88481-249-2 C0014,「高島易断所總本部 平成二十七年高島本暦 東京 神榮館蔵版」 著者 高島大鳳 発行所 有限会社神榮館〕

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。