⑤『人間は、自分が想う人間に限りなく近づいていきます』

2014年7月23日、ご両親に付き添われてH・Yさんが千葉県野田市から霊障の相談で初来訪されました。

精神科で統合失調症と診断されていたHさんが、正神崇敬会の御神前で訴えられた症状とは、『①首がグーッとしめつけられて、つった状態で自分の意思とは無関係に男の声で言葉が口をついて出る。②ウォーッ、ウォーッという動物のような声を出すこともある。自分の意志で切り替えようとしても切り替えられずに困っている。③いろいろな声が聞こえる。たとえば男の声で「一緒、Hちゃんと遊びたい。出たくない」などと。④口、顎、声が固まってしまい苦しい。⑤気力と行動力が出ない』でした。

Hさんが良くなることを願って、Hさんのご両親は何人かの霊能者と拝み屋さんを行脚されたそうですが、はかばかしくなく、正神崇敬会のことを、親戚の方の紹介でお知りになって参られたのでした。
Hさんに障りを出している憑依霊は、霊査で判明し、正神界の高級神霊より賜わるお祓い浄霊と除霊、神気充電による神霊療法(心霊療法)により、時には憑依霊による抵抗で症状の揺り戻しが見られるものの、回を重ねるごとに着実に改善しつつあります。

神様の元でお祓い浄霊を定期的に受けて、Hさんがだんだん良くなる様子を見ているご両親からは信頼をお寄せいただいております。

ひとえにHさんが良くなられることを目標に神様にお仕えさせていただいております。

実は昨日、Hさんから質問がございました。

正神界の神々から賜る浄化、神癒のお力でHさんの症状は改善されているのですが、何か一つ気になることがあるとそのことばかりに執着して心が落ち込んでしまう性格のHさんはこの日、ご自身の将来のことを思い悩んで落ち込んでおられました。そうした中での質問でした。

「先生、私の将来を透視(霊視)していただきたいのですが」

「Hさん、人間の宿命は変えられないけれど、運命は心がけと努力でよりよく変えられるものですから、Hさんの将来は確定していません。

人間は、自分が想う人間に限りなく近づいていきます。
自分自身の一日一日の想いと、想いに基づく行動のつみ重ねによって、未来が決まっていくんです。
だからこそ自分自身の心の在り方(意識・想念)が大切なんです。

Hさんが明るい心で生きていけば、明るい未来が開けていきます。落ち込んだまま怠けていればそれなりの人生で終ってしまいます。
だからこそ、Hさんが明るい心でいることが大切なんです。

本日は心を明るくする行法をお教えしますよ。
ほら、どうですか?Hさん、いい感じでしょう?」

「本当だ、先生。Hの顔が明るくなりました。ありがとうございます。
Hちゃん、お母さんがいつも言っていることと、先生におっしゃっていただくお話は同じでしょ?
人間はね、素直で、心を明るく持つことが大切なんだよ!」

平成26年9月8日公開

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。