⑧正神界・御霊磨き「この世は魂の修行の場です」正神崇敬会 千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、北海道、宮城県、新潟県、神奈川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、熊本県、柏市、我孫子市

私たち人間が生かされている『この世は、心を言葉と態度と形に現わして実行し続けていく霊体一体の魂の修行の場です』

 

平成27年8月13日公開 審神者・神通霊能者 正神崇敬会会長 笹本宗道

 

四次限の霊界では、魂の清らかさの純度と悟りのレベルに応じて、波長波動ごとに整然と階層を成す世界ですから、周波数が高い魂や周波数が低い魂とは基本的にほとんど交わらないために、霊的進化がなかなか進みません。

 

一方、魂が輪廻転生してきた三次限の現界では、肉体という三次限の衣装(器)に神の分御霊を宿して、肉体の制約を受けながら様々なレベルの魂たちと共に、善悪正邪あいまみえるカオスの中で修行させられています。
思いどおりにばかりはいかない様々な試練や邪魔や逆境を耐え忍んで、自分らの心をコントロールして頑張るほどに、安定した波長波動の世界である霊界の修行よりも、遥かに効率よく魂の成長と向上を果たし得る可能性が、一人ひとりのこの世の人生という限られたタイムスパンの中には大いにあるのです。

 

四次限の霊の世界は想いの世界です。
三次限のこの世は、霊を肉体に宿して、霊の想いである心を、言葉(言霊)と態度と形に現わして、日々の生活の中で思いどおりにいく順調な時と、平穏な時と、苦しい逆境のときに、どのように生かしていくかが問われています。

 

自分の心の中で良い事を思考していても、相手の人の心に伝わらなければ、ない事と同じです。

 

言葉は言霊です。
言葉は、宇宙の創造神におわす国常立大御神から人間に与えられた、高次の意識と感情と意志を伝達し合う、霊の交流手段です。

 

思いやり真心をもって言葉を使えば、知識情報の伝達にとどまらず、相手の人の心を慰めたり、癒したり、励ましたり、喜ばせたり、勇気を奮い起させたり、希望への助力となり得たり、問題解決へ導いたり、気づきを与えたり、感謝の心、反省の心、愛の心、慈悲の心を育んで、霊的成長と向上の道へと私たちを導いてくれます。

 

良い言葉を使えば、良い人間関係が築けます。
良い言葉で思考する修行(訓練)を重ねていけば、霊性(霊格)は向上します。

 

反対に荒々しい汚い言葉を使えば、ギスギス、ドロドロした芳しくない人間関係を構築してしまいます。
悪い言霊で思考する訓練を知らず知らずのうちに重ねていけば、魂は穢れ、曇って、落ちていきます。

 

貴方が他者と調和して、暖かく、すがすがしく、安らかな、喜びと潤いある幸せな世界に生きる事を望まれるならば、きれいな良い言葉で話す修行(訓練)が不可欠となります。

 

誰の心の中にも程度の差こそあれ(但しサイコパスは除く)、正神界の神々に継がる良心と善意と善念だけではなくて、宇宙創成の初期に誕生した魔神界に継がるエゴと狂気や、邪神界に継がる邪念(悪想念)や、低級霊界に継がる低い想念が内在しています。

 

せっかくのいい頭を残念ながら悪い方に使って隠れ蓑を次々に着替えて変化し続ける詐欺師や、善人の仮面を被った偽善者や、損得の都合で態度がコロコロ変わるという、エゴと悪意と狂気が色濃く内在している人たちは、知識を集めて理論武装して、表向きはきれいな言葉で巧みに接近してきます。
きれいな言葉のニセ者に騙されないように気をつけましょう。

 

心が籠らないで口先だけ丁寧な慇懃無礼(いんぎんぶれい)はいただけません。
それならむしろ言葉は朴訥(ぼくとつ)としていて上手ではないとしても、心が籠った真心から出る言葉の方が、遥かに相手の人の心に響きます。生きたプラスの力になります。

 

きれいな言葉でいい事を調子よく話しかけてくる人の、真偽の判断に迷った時には、その人の態度をよく観察していけば、たいていは見分けがつきます。
言葉で人を誤魔化せても、態度で誤魔化す方が難易度が高いからです。
でも中には兵(つわもの)もいます。大切な判断でお迷いの局面では、審神者・神通霊能者の笹本宗道に霊査をご依頼ください。

 

言葉と態度をそれなりに整えて巧みに世渡りはするものの、その実、口先とパフォーマンス主体で、たとえば商品に不備があったり、専門職なのに口と技術力がかけ離れていたり、愛の心を形に現わすプレゼントにお金を惜しむケチな配偶者や交際相手であったり、頂く時だけ上機嫌でお返しとなると渋る人であったりしては、人間関係が滞ってしまいますから、心当たりがある方は自省をしていただきたく存じます。

 

現われてきた、現実の形が大事です。

 

人にお世話になったお礼は、心の籠った言葉と、心の籠った態度のご挨拶と、感謝の心を謝礼としてきちんと形に現わしてこそ、本物です。そうするとお世話になった方によく伝わって喜びの輪が広がります。
これこそが正神界の神々にお認め頂ける人間としての立派な態度なのです。

 

エゴが強い片寄った教祖やニセ霊能者のまことしやかな虚言に惑わされませんように、皆様どうぞくれぐれもご注意ください。

 

※正神崇敬会の崇敬者、会員の皆様が御霊磨きの修行のときにお唱えしていただいている祈りの言葉の一編を紹介して、本話を終了させていただきます。

 

祈りの言葉 「霊体一体の生きた修行」 笹本宗道 作

 

「磨き鍛えた心で

 

現実の理解を

 

現実に実行し続けてこそ

 

物事は成就します

 

宇宙の総てを

 

生成化育下さる神様の

 

大きな大きなおかげに

 

感謝奉り

 

私たちは磨き鍛えた真心、

 

誠、信念をもって

 

現実の理解を

 

現実の

 

言葉と態度と形に現わして

 

実行し続け

 

縁者と共に

 

幸せの道を歩んで参ります」

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。