霊能者千葉県「自分が変わったことで無理解の夫に変化が。自分に足りないものを気づかせていただいた」正神界の神通霊能者・審神者の霊査、お祓い、神気充電、先祖供養、よりよい運命のお導き・宇宙神道正神崇敬会-柏市、我孫子市、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県、大阪府、熊本県(実例153)

◎藤ヶ谷節子さん◎主婦

▶「自分が変われば相手も変わる」―心おきなく拝礼ができるように
正神崇敬会にご縁をいただいたのは今から十五、六年前のことになります。
じつは、私が笹本会長のもとに通わせていただくようになった当初から、主人はそのことをあまり快く思っておりませんでした。と申しますのも、主人は別の新興宗教に入信しており、そちらの団体では他の宗教を一切認めていないという背景がありました。
そのような事情から、正神崇敬会に出かける折には、なにかと主人に非難めいたことを言われ、気兼ねしながら家を空けるのが常で、自宅に神棚をつくり、神様をお祀りすることもできずにおりました。
私としては、むしろ他の宗教を認めないというあり方に疑問を感じておりましたので、主人からとやかく言われると、こちらもそのへんのことをあげつらうようなことをしていた時期もありました。ふり返るとお恥ずかしいかぎりです。
朝夕の拝礼にしても、主人の目を気にしながら遠慮しいしいやるような日々で、正直なところ、途中で信仰を投げ出してしまおうかと思ったことも何度かありました。
それでも、笹本会長のもとに通わせていただき、正神界の神々様のお導きや教えを授けていただくなかで、「自分にも頑固な面がある」「まずは自分が変わらなければ」という大事なことに気づかせていただき、それが支えになりました。こちらのことをとやかく言う主人に対して言い返すのではなく、相手のことも認めよう、受け入れようとする気持ちを持てるぐらいにならなければ―いつのころからか、そんなふうに思えるようになれたのです。
そのような気づきを得てから、主人に対する私の対応も少しずつ変わっていきました。
おかげさまで、それから主人のほうも少しずつ態度が軟化していきました。そしてありがたいことに、数年前には自宅に神棚をつくり、神々様をお祀りして、朝夕の拝礼も心おきなくさせていただけるようになったのです。このごろはむしろ協力的で、正神崇敬会の祭事にも快く送り出してくれるようになりました。
自分が変わらなければならない―私自身のそうした心境の変化が主人にも伝わり、お互いを尊重しあえるような関係をもたらしていただけたのだと、心よりありがたく感謝しているしだいです。

▶仕事を辞めては引きこもっていた甥がすっかり真面目に
もう一つは、実家の甥のことをお話しさせていただきます。
甥は、若いころから就職しては、思うようにいかないことがあると簡単に仕事を辞めてしまい、自宅に引きこもるということをくり返してきました。甥のことは生まれたときから知っていましたし、兄亡きあと、一人で心労を抱えている兄嫁のこともあり、それは気がかりに思っておりました。
そんな兄嫁に声をかけ、二人で笹本会長のもとに相談にうかがったのは三年ほど前のことでした。
神様に霊査のお取次ぎいただきましたところ、甥についているお稲荷様が疲れていらっしゃるとのこと。お稲荷様のお祓い、神気充電と、同時に実家の先祖供養をしていただき、以後、月々の祭事にはなるべく兄嫁と二人で出席させていただくようにしてまいりました。
神様からのお導き、そして笹本会長のご指導のおかげで、甥はすっかり変りました。その後、就職した職場に落ち着き、現在まで休むことなく真面目に働いており、兄嫁も助けていただいたと、本当に喜んでおります。
笹本会長、これからも兄嫁共々、よろしくご指導いただけますようお願い申し上げます。

神通霊能者 笹本宗道著 「宇宙神道―神々の救済」 より引用

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。