正神のお祓いで不運、不幸、霊障、悪因縁の元の前世因縁を御浄化賜る「運命改善の1ページ目の資格試験に合格」正神崇敬会(実例269)

子供の時から不運続きの人生だった相談者の女性に一筋の光が射す

本人の心がけ努力の上に正神の御守護を賜り、「ファイナンシャルプランナー試験に合格」

 

増添留奈様(仮名)

 

40代前半の増添さんが正神崇敬会に初めて相談とお祓いに参られたのは、本年9月1日のことでした。

「私は子供の頃から不運と不幸な人生を歩んできました。

少ない給料の中から何百万円もかけて霊能者にみてもらいましたが、全く改善は見られませんでした。

こちら様ならなんとかなるかと、思いきって片道5時間かけて来ました。

私の母は高校生の時に妊娠して私を産みました。

中退して父を追いかけ、私を置いて出て行ったんです。

祖父母と母の兄弟に面倒を見てもらって私は育ちました。

私は生後1ヶ月から小学校4年生まで祖父母に預けられて過ごしました。

5年生から両親が祖父母の家に入って同居を始めました。

同居してからずっと両親と祖父母のケンカが絶えませんでした。

それで、両親は家を出て行きました。

私は地元の大学に進学したのですが、「学費を払う余裕がない。お前は働け」と強制的に親が退学届を出してしまいました。

奨学金は認められませんでした。

その後の就職先ではいじめにあったり、解雇、倒産と仕事に恵まれず、職を転々としました。

今いる会社では正社員ですが、地元ではすぐにわかるブラック企業なんです。

お付き合いした人や、お見合いをした人からも、「年収が低い。ブラック企業で働いているような人は認められない」と、相手の親から切られたり、内縁の妻がいたりとか、妻がいる人に欺されたりしました。

私に人を見る目がないからなのでしょうか。

 

27歳までは、じいちゃんばあちゃんと暮らしていました。

親とはちょいちょい連絡は取っています。

父は私が23、4歳の時に謝ってきました。

私が31歳の時に父はクモ膜下出血で亡くなりました。

母が37歳の時に私は母と同居しましたが、過去の事でケンカして2度目の一人暮らしになりました。

 

職場も親子関係も一生懸命やってもダメ。

結婚もダメ。

「よくそんな高校から大学に行けたね」とか、「そんな会社に勤めていて」と他人からバカにされます。

何で私は不幸なのでしょうか。

「「ここまで家庭が複雑な人とはね。

留奈ちゃんといると不幸になるから友達づき合いはやめなさい」と親から言われたから、やめよう」と、友達から言われたこともあります。

私はネガティブ思考の固まりの人間です。

 

19歳の時に付き合っていた人と子供が出来たら、その男が黙って去りました。

水子供養をしたり、先祖供養に多額のお金を払ったり。

どうして私にはいい時がないのでしょうか。

子供の戒名の送金をしても尼寺で知らんぷりされたりもしました。

テレビ(メディア)に出ている人にも、ヒーラーにも、お金を費やしましたが、いっこうに良くなりませんでした。

「そんな安っぽいお布施ではで出来ないよ」と言われました。

結婚したいので出雲大社をはじめ、いろんなパワースポットにも行きました。

お見合いしても先方の親から「そんなに頭の悪い女は」とか、「年収が低い女はダメ」と言われました。

 

私は気が休まる時がありません。

「あんたは暗い。家族のせいにしているのでは」と霊能者のSさんから言われました。

「全ての原因は自分にあるのが分からないのか 」とも言われました。

 

職場で私より太っている10代の女性が、去年出来ちゃった結婚したんですが、私は社長からパワハラ発言をされました。

去年入社してきた若い女の子に仕事を割り振って、「増添の仕事を奪って蹴落として、増添を隅っこに追いやれ」と言われたんです。

会社は生活用品を扱う会社です。

そんな程度の人しかいないんです。

 

私は資格試験でファイナンシャルプランナーの学科は合格しています。

実技がもうちょっとです。

9月12日が試験日です。

医薬品の登録販売者の試験は、先月あと数点の所で落としました。

10月に宅建試験を受けます。

何か資格がないと転職は難しいので、もうちょっと頑張ってみようかと思います。

 

どうして私は人に恵まれないのでしょうか。

今の会社に私が入社して5年になります。

その間に30人ぐらい辞めています。

30年貢献してきた人を苛めていびり出したりもします。

いろんな人に相談すると、「なんで辞めないの?」と言われます。

私と同い年の事務員がいるんです。

「Aちゃんには可愛い子供がいて、これが結婚できる女と結婚できない女の違い。

家族が欲しい女はデブになるから食うな」と言われ、周りはゲラゲラ笑っています。

辞めていった人のことを、「あんなのは事故に合って死ねばいいんだ」と言います。

奥さんも奥さんです。

「さっさとあの娘やめればいいのに」と言われます。

あと、いろんなお寺さんとかヒーラーからは、「あなたは不幸の一途をたどるよ。

あれをしなさい。これをしなさい。

自分に投資できない人は面倒みれない。

トップアイドルのあの娘はオレにこれだけの金額を投資したんだ!」とか言われました。

弱っている時に冷静な判断が出来ないのは、水子がいるからとか、供養ができていないからとか思ったりしてしまいます。

だいたい毎週お墓参りに行ってますが、「それも間違った供養」と言われました。

「母方の先祖ばかり供養するから、父方の先祖が怒っている。

怒って災いをかけてくるんだ。

いくら母方のじいちゃんに育てられたからって、母方ばかり墓参りしているからダメなんだ」と言われたりしました。

 

私は将来的に結婚したいです。

本当に出会う人、出会う人から低い目で見られてバカにされます。」

 

ご相談者の増添さんには、前世で権力者として人を虐げ思うがまま弄放に生きたツケが、因縁の果たしとして今世の苦労に出ています。

神の御守護を強くいただけるように精進されることです」

増添さんの神界取次ぎの内訳は、増添さんの前世で犯せし罪のお詫び、今世で気がつかないままに犯した罪のお詫び、先祖の因縁の浄めを中心に、増添さんの運命を妨げる魔神の一部浄化、邪気魔気荒波動受け穢れの祓い、神気充電、資格試験合格祈願、結婚と転職命運の強化祈願と盛り沢山の内容でした。

正神界の神々より祓い浄めいただいた増添さんに変化が現れました。

9月15日、「おかげさまでファイナンシャルプランナーの国家試験に合格しました。

これで一つ転職へ向けての力になります。

ありがとうございます」とお礼の電話報告をいただきました。

不幸不運続きだった女性に一筋の光が射したのでした。

 

9月1日に増添さんが初来訪されたお祓いの後、遠方にお住まいで経済面も含めて頻繁に因縁浄化、浄霊のお祓いをお受けになるのが困難な増添さんの運命の改善のためには、お住まいに正神界の神様の御札をお祀りされること。

そして、心を込めて朝夕の神詞(祝詞)をお唱えして、御霊磨きに励む自助努力の大切さを、私はお伝えさせていただきました。

ファイナンシャルプランナーの試験に合格された増添さんは、天照大御神、月読大御神、建連素盞鳴大御神の三貴神札をお祀りして、運命の改善を目差して前向きに、御霊磨きに取り組む決断を10月4日にされたのでした。

増添さんの地道な心掛け努力の上に神様は、自力プラスアルファーの御守護を必ずや下さられます。

関連記事

お問い合わせ ご相談者ご依頼の皆様の個別のご事情には神通霊能者の会長笹本宗道が真摯に対応させていただきます。